スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

■ 血液検査結果が届きました

先日、運転免許更新にともない、更新終了後に献血センターにて献血をしていました。
昔は、たまには献血していたのですが、ここ何年かは全く献血に対する意識さえもなく、献血できていませんでした。
今回は、自分の体質改善の結果、血液検査にはどのような反応が出るのかに興味もあり、わずかでも誰かの役にも立てるならと、思い切って献血センターへと向かいました。

久しぶりの献血で変わった事は、血液の安全性に対する調査、アンケートが追加されていた事ですね。
HIVの問題もさることながら、海外からのウィルス感染等を防ぐためにも、海外旅行経験が頻繁にある方、最近帰国された方なども、すぐには献血できないそうです。
その他の献血が出来る方、出来ない方の詳細は日本赤十字のHPにてご確認下さい。

日本赤十字
http://www.jrc.or.jp/

献血基準
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/index.html

献血の仕組み
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/method/index.html


今回の献血で400ccの献血をさせて頂きました。今年に入ってからの体質改善で57kgの体重も52kgになっていたので、貧血の不安もありましたが、今までに蓄積した老廃物をしぼりだした様な気分の私は、自分の血液はきれいになっていると言う自信の立証をしたい気持ちのほうがはるかに強かったですね。(決してダイエットではありません。言うならばデトックスが目的でした。現在は筋肉増量中です。)

はっきり覚えてませんが、採血する時間は10分ほどだったでしょうか。われながら綺麗な色の血だなあ、なんて思いながらいると案外早いものです。

そこで、献血後の体調なのですが、正直、かるい立ちくらみが一週間ほどは続きました。
一度立ち上がって立ちくらみしそうになったら、再度座ってからゆっくり立ち上がるだけでその後は問題ありません。
個人差はあると思いますが、当然体内の血液が一時的に減っているので、通常に戻るまでは立ちくらみは当たり前と思われるので、間違っても「血、採られすぎた!」なんてことはやめましょう。
ただ、これから献血されるかたで、体重基準がぎりぎりの方やどちらかと言うと運動不足の方などは、元気な時に献血するとか、献血量を200ccにしてもらうとか(体調よりも善意の気持ちが強い方々?)調整したほうがいいかも知れません。

ただ、輸血される患者様の体のことを考えた場合、何人もの血液が混ざった輸血よりも、できるだけ少数の血液を輸血されるほうが良いそうなのです。大量の輸血が必要な場合そうはいってられないですが、必要な輸血量が400cc以内なら、複数の血液が混ざったものより、一人からの400ccの血液を使用することがはるかに望ましいそうです。

ただし、献血する方が無理して、献血後に、体調不良になるのも好ましくないでしょう。
自分自身が健康で元気だと感じるときに献血することが、どちらの立場の人にも最善な状態であると思いますので、健康と体力に自信のある方々、機会があれば献血に行きましょう。

血液検査の結果 (画像をクリックすると拡大されます。)

血液検査結果1兵庫県赤十字センターから送られてきた検査結果がこれです。
生化学検査と血球計数検査の2種類の検査結果です。
結果として、全ての項目で基準値内におさまっています。
どこまで健康なのか、どこまで安心できるのかはこの数値だけで判断できるものではないかも知れませんが、今の所深刻な状況は無い!と信じておきます。

血液検査結果3体質改善を意識してから特に気をつけていることは、
・とにかくよく噛んで食べる。
・腹7分目(食後に眠気を感じない事を目安にしている。これはあくまでも私個人の思うところによる目安です。)
・酵素を含んだ食品(加熱処理をしない料理を多めに)、解毒作用の野菜、体を温める食品、食物繊維を多く含む食品を摂取する事
・肉類は控える。

食べることだけをおおまかに記しましたが、とにかく内臓の負担を軽くすることを意識してきたので、今回の検査結果には非常に満足しています。
まだまだこれで十分と言うわけではないのですが一応自分なりには合格とさせてください。

血液検査結果2生化学検査では、特に内臓機能についての反応が見られるようですね。
ALT・AST・γーGTP・CHOLの項目は内臓の不調や食生活のアンバランスの影響を受けるようで、数値が増えるとよくないようです。

Alb・A/Gは不調になると数値が下がるようです。


詳しい説明を探したのですが、中々全てを紹介されているところがなかったのですが、今判る詳しいサイトを幾つか紹介しておきます。

健康オンライン_アイヘルス
健康診断での血液検査の見方

http://www.ihealth.co.jp/health/blood.html

健康検査ステーション
検査項目一覧表

http://rn-works.com/01ichiran.htm

e-血液.com
血液検査の見方

http://www.e-ketsueki.com/qa/yomikata_1.html

【関連記事
■ 体質改善 血液・血管情報一覧
■ 血管年齢チェック
■ 診断 血管年齢チェック
■ 低血圧の生活支障度チェック- 栄養バランスチェック
■ 低血圧の生活支障度チェック- 血液ドロドロ度チェック
■ 低血圧の生活支障度チェック- 高血圧症危険度チェック
神戸市に住む私が今回、献血をしたのは、
赤十字血液センター 明石運転免許試験場ルーム
http://www.hyogo.bc.jrc.or.jp/room/ar/ar.html



クリック1回、応援よろしくおねがいします!


いつも応援ありがとうございます!
皆様の体質が改善されますように。


■体質改善情報サプリでは「Pop-Up WikipediaⅡ」を利用できます。
ブログ内の単語をカーソルでドラッグして見てください。単語の意味か、もしくは関連する説明などが表示されます。
何も出ない語句もあるようですが、言葉の読み、意味などを知ることができるので、ご利用下さい。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 55 : 30 | 献血 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<■ 血液不足を知っていますか?-アンパンマンのエキス- | ホーム | ■ カラーセラピーで心質改善>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaizensapli.blog99.fc2.com/tb.php/209-2d753eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

PopUp WikipediaⅡ

記事中のマウスで選択したキーワードをWikipediaから検索して結果をポップアップ表示することができます。記事中の用語をカーソルで選択することで簡単に調べることができます。

Wikipedia
developed by 遊ぶブログ

Wikipediaに登録の無いワードは出ませんのでご理解下さい。

カテゴリー

カテゴリーグループ1は項目別にタイトルでまとめて一覧にしたページのグループです。 グループ2は、記事別にまとめたグループで、なおかつ直接記事のページにまとめてあります。

ブログ検索

Tree-LINK

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

人気ブログランキング

 人気blogランキングへ
 このブログをリンクに追加する 
 アクセスアッププロジェクト
このブログは今何位?
 FC2ブログランキング
ブログランキング

最近のトラックバック

BBS7.comウェブリング

BBS7.COM
MENURNDNEXT

PICOサーチ

-ディレクトリ型総合検索エンジン-Pico Search

オートリンクネット

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。